服

溜まってしまった服を売ろうとするときは業者選びに気をつけて!

業者を厳選して得しよう

服

業者次第で変化する買取価格

もし着ない服が溜まってしまったなら、買取業者を活用して処分を行なうことでしょう。しかし、その業者はどこでも同じ対応というわけではありません。
処分の際には他にも違うサービスを利用する人もいますが、どちらが得なのか、どのお店が高く査定してくれるのかチェックするようにしましょう。
こういった比較はインターネットサイトの口コミを利用すると良いです。どんな店が評判が良いのか、皆がどんなタイミングで売りたいと考えるのかも知ることができれば、需要と供給の動向も見えてくるでしょう。

持ち込みの際にかかる査定の時間も違う

もし服をできるだけ速く処分したいと考えているなら、査定の待ち時間が短いところの方が良いでしょう。服の買取店が混み合う土日で、たくさんの点数を持っていってしまうと、1時間以上待つことになることもあります。
30分ほどで済む場合もありますが、簡単に査定するのでかなり買取価格が安くなることもあるため、査定価格の口コミも調べて利用しましょう。
大量の服を持ち込みするのは大変、という人は出張買取や宅配も検討するべきです。なにより待ち時間がないというのが魅力で、買取業者も顧客獲得のためにこうした企業努力をしています。

季節にもよる

購入した際が高額だったので、買取してもらうときもできるだけ高く売りたい、そう考える人もいるでしょう。
一つ注意したいのが、季節によって合わないものは安くなることが多いという点です。
ブーツやコートは秋、アロハシャツや夏物の服は春に売ると、お店もそういった商品を求めているので需要が高くなり、買取価格も上がります。

こんな時に服を売る!タイミングランキング

no.1

流行ではなくなってしまった

服のデザインには時代が如実に反映されます。中には今年購入したのに来年には着られなくなってしまうものもあるのです。そのためこのタイミングで服を売る人が一番多いです。古いものはかえって人気があることもあります。

no.2

タンスに入らない

特に流行から外れたと思わなくても、定期的に服は処分したいと考える人が二番目に多いという事実があります。それは、服を購入し続けているといつかタンスがパンパンになってしまうからです。そのため、着ない服は処分します。

no.3

引っ越しするから

引越しをする際には身の回りの荷物をできるだけ軽くしようとします。このことから、服を買取に出すタイミングとして三位になっています。都会では二年に一度は引越しをする世帯が大半なので、買取店の数も多いのです。

no.4

査定額が高くなるから

お金をかけて購入したものですから、服の査定も高くしたいものです。買取を利用する人が多くなってきたので、シーズン前には査定額が高くなるということを見越している人もいます。そのため季節の変わり目が売るタイミングなのです。

no.5

お小遣いが欲しくて

中古買取をしてもらうことで、お金が多少なりとも入ってきます。骨董品が最も査定額が高くなるのですが、所有している人は少ないです。しかし、服だと誰でも持っていますし、もう着ないなら気軽に売ることができるのです。

広告募集中